2016年11月9日水曜日

BMW Motorrad 新モデル発表!! パート1


BMWが現在開催されているミラノショーに合わせて新型モデルを発表しています。
そこで今回は、『2017年モデル R1200GS 』と『2017年モデル RnineT』(リンク先共にドイツ語です)の記事が海外のサイトで紹介されていましたので、ご紹介したいと思います。

まずは新型の2017年モデルのR1200GSから。


新型のR1200GSはEURO4に対応した125馬力のエンジンで、従来モデルと比べギアチェンジの切り替えがよりスムーズになったとのことです。
レインとロードの2つのライディングモードがあり、さらにライディングモードプロと呼ばれるライディングモードが豊富なオプションもあるそうです。
また、サイドパネルの変更などもあります。

さらに2017年モデルにはノーマルとは別に『R1200GS Rally』と『R1200GS Exclusive』の2モデルも登場するとのこと。


こちらが『R1200GS Rally』。
こちらのモデルはよりオフロード向けのR1200GSで、スポークホイールやショートスクリーン、ラリーシートやラジエーターガート、フレームガードなどのオフロード向けの装備が搭載されているモデルです。


こちらが『R1200GS Exclusive』。
こちらのモデルは燃料タンクやブレーキキャリパーのカラーがこのモデルだけのカラーに変更となった、より高級感を演出したモデルのようです。

次は、『2017年モデル RnineT』について。


新型のRnineTの最大の変更点は、アナログのメーターパネルとプリロードの調整可能になったフロントフォーク、そしてホイールです。
さらに、今まではカラーも『ブラック・ストームメタリック』1種類しかなかったものが、さらに2つ増えるようです。


こちらが従来モデルと同じ『ブラック・ストームメタリック』で、


新色の『ブループラネットメタリック/アルミニウム』と


『ブラック・ストームメタリック/ヴィンテージ』。

『R1200GS』と『RnineT』ともにまだ日本でのアナウンスはありませんが、従来機種の新モデルなのでいつごろの販売開始なのか楽しみなモデルですね。

以下、両モデルの詳細画像です。


























投稿日:2016/11/09



Share on Tumblr

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...