2018年5月17日木曜日

Bosch社 最新バイク用ドライビング・アシストシステム


今回のBlogでは、海外のサイト(リンク先ドイツ語です)でドイツの自動車部品メーカーのBosch社の最新バイク用ドライビング・アシストシステムの記事が掲載されていましたのでご紹介したいと思います。


ます、現在自動車では当たり前のように搭載されるようになったレーダーシステムが、早ければ2020年には、KTMとドゥカティの車両に搭載されるとのことです。

このセーフティーパッケージには、フロントレーダーによる衝突警告とリアマウントされたレーダーによるライダーの死角である後部からの衝突を回避するシステムです。

フロントレーダーを使用する新しい衝突警告システムは、バイクの前の領域を監視し、 システムが前方の車両に対する重要なアプローチを認識し、ドライバが危険な状況に反応しない場合、音響、視覚または触覚(例えば振動握り)信号を介してライダーに警告するとのこと。
リアマウントされたレーダーに基づく死角検出器は、例えば、ミラーなどに警告表示を出すことでライダーに危険を通達するとのこと。




次にご紹介するのは、現在研究中のアンチスリップデバイスです。

コーナーリングABSで使用されているセンサー・システムが、ホイールが横に滑って一定値を超えたことを検出すると、ガスが噴射されることによりスライドの方向に対するこの反動力でバイクに衝撃を与えることで、タイヤが再びグリップを得、バイクが軌道に戻るようにするというシステムです。

このアンチスリップデバイスによって、通常であれば転倒しているような状況でもバイクのバランスを守り転倒しないという事ができる未来がそう遠く無い将来きそうな感じがしますね。


最後にご紹介するのが車から車への情報通信システムです。
自動車、特にバイクや自動車のネットワーキングは、事故のリスクを約3分の1に低減するとのこと。
Boschは、ドゥカティと車両IT専門の企業と一緒に、車とオートバイのネットワーキングのプロトタイプを開発し発表しました。
このシステムは主に、見過ごされがちなオートバイのために、自動車の安全性を大幅に向上させるためにドライバーに「デジタル表示」を提供することを目的としているとのことです。


投稿日:2018/05/17



Share on Tumblr

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...