2016年5月13日金曜日

取り扱いメーカー紹介  rizoma / リゾマ 編


今回のBlogでは、弊社が取り扱いしているメーカーを詳しくご紹介してみたいと思います。まず第1回目の今回は、イタリアのアルミビレットパーツメーカーの『rizoma / リゾマ』をご紹介したいと思います。

rizomaは90年代初頭からその開発を開始し、卓越したデザインとそれを実現する高いアルミ加工技術が特徴となる、イタリアのモーターサイクルアフターパーツメーカーです。

主にミラー、ウィンカー、レバー、ハンドルバー等を中心に様々なパーツをラインナップ。そのクオリティはエンスージアストも納得の逸品。
DUCATI、BMW、Triumph、KTM、apriliaなどの欧州者はもちろん、HONDA、YAMAHA、SUZUKI、Kawasakiなどの国産メーカー車両のパーツも数多く生産しています。


"rizoma"(リゾマ) はEU内においてアルミビレットパーツのリーディングカンパニーにまで成長を遂げました。DUCATI用アフターパーツのNo.1サプライヤーであることもその成果の1つと言えるでしょう。

また rizomaのその高いアルミ加工技術はエンドユーザーのみならず、数々のメーカーから認められ、OEM供給も行っています。もちろん複数の日本の車両生産メーカーへも供給を行っています。

rizoma
は航空産業でも通用する加工技術をもち、より高度な技術の探求を続けています。rizoma社内にて、設計、模型、試作品の製作等を繰り返し行い、常に最高の商品の開発を心がけています。
そのこだわりは製品材料の素材分析にまで至るほどです。


rizoma spiritsの象徴 "anima / アニマ"
rizomaのアイデアは内なる心から創造されます。rizomaではそのデザインへのこだわりや情熱、高いエンジニアリング技術、高度な生産設備を高次元で融合させ1つ1つの製品を生み出しています。
その象徴が"anima / アニマ"です。

animaは1,200kgもの1つのアルミブロックから削り出しによって創り出されました。
重さもさることながら、その大きさも大型モーターサイクルと同じスケールです。これほどまでに大きなアルミビレットはrizomaの情熱、設計技術、生産設備のどれかひとつが欠けても成し得ることができません

- rizomaのポリシー「Refuse the Usual」 -
rizomaでは常に独創的であれと製品を特徴づけてきました。そしてこのポリシーによってその特徴をさらに推し進めていきます。常に先を見据え、普通を嫌う、若くダイナミックな rizomaのスタッフによってこの新しいコンセプト「Refuse the Usual」をすべての商品から感じ取っていただけるはずです。





リゾマ正規代理店サイト

投稿日:2016/05/12



Share on Tumblr

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...