2014年4月16日水曜日

BMW Motorradがバイク用有機ELライト開発中


海外のサイト(リンク先英語です)で、現在BMW Motorradが有機ELを利用したバイク用のライトを開発中都の記事が掲載されていたのでご紹介させていただきます。

記事によると、BMW Motorradは現在LEDを用いたヘッドライトやブレーキランプ、ウインカーの導入を進めています。
そのLEDから、現在開発が進められている有機ELを用いたライトなどの開発に乗り出しています。

LEDから有機ELへの変更の利点としては、LEDは点での発光でしたが、有機ELは平面で発光するためよりデザイン性の優れたヘッドライトなどを開発することができるそうです。

また、有機ELではLEDでは製造に必要だったレアアース必要としないのと、有機物と金属の使用量は非常に少量なので簡単に処分することが可能ということです。


上記画像は、K1600GTLで有機ELを利用したブレーキランプとウインカーのプロトタイプのものです。
記事によると、LEDと有機ELのハイブリッドのライト類は標準装備として2~3年以内に出て、有機ELのみのヘッドライトやウインカーとなるとまだ数年かかるのではないかとのことです。




Share on Tumblr

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...