2013年5月14日火曜日

レース仕様のガードシステム Rizoma/リゾマ ProGuard System Racing


不意な接触も安全ガード!! Rizoma プロガードシステム
動画でわかりやすくご紹介 Rizoma ProGuard System / プロガードシステム

FIMによって、2012年からレギュレーション変更でMotoGP・Moto2・Moto3すべてのカテゴリーでブレーキレバーの保護システムの導入が義務化されました。
それ以降、弊社取扱いブランドの『Rizoma』製のProGuard Systemのお問い合わせ・ご注文を多数頂くようになりました。

そして、2013年よりRizomaからMotoGPマシンなどに装着されている『 ProGuard System』のデータをフィードバックした一般ライダー向けのレース仕様モデルが新登場となりました。
そこで今回はサーキット走行を楽しまれている方や、よりMotoGPマシンに近づけたいとご希望な方にぴったりなアイテム、『Rizoma/リゾマ ProGuard System Racing』をご紹介したいと思います。

基本的な構成は従来品の『 ProGuard System』と同じですが、レース仕様の『PROGUARD SYSTEM Racing / プロガードシステム レーシング』はレバーのガード性能はそのままにレースでのハンドワークの邪魔にならないよう設計されています。



実際に装着するとこんな感じになります。
商品には中空内径φ13-20mmに適合するアダプタが付属します。
上記と異なる条件の車両は車種別PROGUARD SYSTEM用アダプターをご確認ください。

またこちらの商品は、車両右側のみの設定となります。

製品情報
製品名Rizoma/リゾマ ProGuard System Racing
型番LPR040B
メーカーRIZOMA/リゾマ
価格37,800円(税込)


商品をお求めの方はこちらからどうぞ。




Share on Tumblr

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...