2012年9月19日水曜日

Ducati ムルティストラーダ 1200 2013年モデル発表!!



ドウカティ本国のサイトで2013年モデルのムルティストラーダ 1200の紹介がされていましたので、ご紹介したいと思います。

2013年モデルの特徴は、第2世代のTestastretta 11°エンジンを搭載し、電子制御スロットルに、8段階調節のダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)、3段階のABSを装備しているとのこと。

そして、2013年モデルのムルティストラーダ 1200の一番の注目点は、『ムルティストラーダ 1200 S』で、先日ご紹介したBMWのスーパースポーツ『HP4』に搭載されるセミ・アクティブサスペンション(BMWではダイナミックダンピングコントロール DDCという名称)と同じシステムの『ドゥカティ・スカイフックサスペンション DSS』を搭載するとのことです。

これによって、市販2輪車で世界初のセミ・アクティブサスペンションを搭載した車両として歴史に残るのは、BMWの『HP4』かドゥカティの『ムルティストラーダ 1200 S』のどちらかになりそうです。

モデルも従来どうりノーマルの『ムルティストラーダ 1200』と『ムルティストラーダ 1200 S』、『ムルティストラーダ 1200 S Touring』、『ムルティストラーダ1200 S Pikes Peak』と、新たに『ムルティストラーダ 1200 S Granturismo』を加えたの5モデルでのリリースとなります。

特に、『ムルティストラーダ 1200 S Granturismo』では、大型のサイドケースとトップケースを完備し、LEDフォグランプとロングスクリーン、グリップヒーターなどを装備しているので、よりロングツーリング向きのモデルになっているのではないでしょうか。


日本ではまだ発表されていませんが、9/20-27にかけてインターナショナルテストライドが行われ、10/3-7でドイツで行われるインターモトでお披露目ということですので楽しみですね。




Share on Tumblr

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...